エピフォンEpiphoneアコースティックギター!AJ-45!合板トップでもええやん!気に入った音なら気にしないでしょ♪




ぴょろゆきのギター紹介その5

今回もアコギです(アコギな商売のアコギではなくてアコースティックギターね♪)

ほんでもってエピフォンです

エピフォンといえばギブソン傘下のブランド

しかもギブソンのJ-45のレプリカ

AJ-45なのだ!

珍しく下調べをして情報を集めるぴょろゆき

これを買う前に、ちょっと下調べしてました

下調べして情報を集めるなんて滅多にしないことを…

・ギブソンのJ-45といえば斉藤和義さん。斉藤和義ファンならAJ-45がおすすめ!

・トータルバランスが大変良く、弾き易く鳴りの良い一本です。

・トップは合板ですが、よく鳴ります。

・定価は55,000円ぐらい。

んまぁ際立った評価はあんまり見受けられず…

斉藤和義さんは何曲かはレパートリーに入ってんだけど、ファンってわけでもなくて…

あのなで肩のボディのが欲しかったでけで…

◎楽器屋さんに行くと中古で黒いボディのAJ-45があったので弾かせてもらう機会がありました。

斉藤和義っぽいね♪んん~黒いいなぁ♪

弾いてみる

しゃらら~ん…しゃーん…

なんか音が小さい…

お店の人も???って感じ…

『わしピック使わんから…これはピックでガシガシ弾くヤツやね…』

と言って、そそくさと退散しました…

帰り道 AJ-45は諦めよう…違うの探そう…

なぜ下調べしたのか自分でもわかってなくて…



出会いは突然やってくる!

ヤフオクでAJ-45を発見!

さすがに安い!ライバルの入札も少ない!

しかも鳴りが最高って書いてある!

これは買わなきゃどないすんねんっ!

あれだけ調べて 実際に弾いて判断しるのに…

はい ぴょろゆきはバカである

なで肩いいですね♪

特徴であるピックガードは剥がしました…

剥がした跡もそのままです…

ボディの下側にシールの剥がし跡がありました

そのシールの剥がし跡は

あきらかに これでした!

ピックガードは自分で剥がして剥がし跡はこのまま

でもこのシルエットの剥がし跡は これは早急に見えなくしなければ!!!

気を取り直して弾いてみる

楽器屋さんで弾いたのよりは、いい音っぽい

生音なので弾く場所や広さによって感じる音って違ってくるので、はっきり言いきれないですが…



いろいろ見てゆく♪

ヘッドから

いつものエピフォンヘッドでございます

なんでこの形にしちゃったんだろうね?

ヘッド裏側です

向かって左上のペグが斜めってますね…

ペグの固定ネジ下側がゆるんでいて固定できていない

このペグのつまみを弾き手側に引くとチョーキングができる

いわゆるベンディング機能つきなのだ!!!

はい いつかは直そうって思いながら、そのままにしてました…

ボディいきます

裏からコンコンっとノックしてみる

向かって右下側が少しビビった感じで気になります…

気になるけど何をしてあげれない☆彡

じゃあコンコンするなよ!ってことですな

忘れてました!

ネックいきましょう

握った感じは気持ち太いかなって思ったけど

なんか弾きやすいかな♪

ぴょろゆきは手が小さくて指も短いんですが

太さは気にならないかな♪

という感じでネックのフィッティングは良好でしょうか

この辺はさすがエピフォンって感じましたね♪



AJ-45現在

ブリッジが少し起き上がってきて

音詰まりが酷くなってしまったので、少し休憩しています。

メンテナンスすれば復活できるのですが…

モーリスF01TS



モーリスが頑張ってくれているので、もう少し休憩しててもらいましょうかね♪

 

以上

ギター紹介その5まできてしまいました

んじゃバイバイ♪♪♪