やっぱり…作業をすると何かが起きる…フロント周りの異音対策からキャリパー組み込み

そう!元々はフロント周りの異音から始まった作業でね

気づいたらディスクローターを交換してボルトをナメてしまっただの

なんだかバタバタしてますね…

もういい年なんだから

ここはこう!そこはどうする!どうした!やっつけた!

ってな感じにビシビシっと作業を進めたいものです…

今回は

もう完結したと思ってた作業

ブレーキの作業つづき!キャリパー組み込み!そしてメインの作業のエア抜き♪できるの?

↑これの続きです

さて何が起きたのでしょうか!

終わったはずの作業が

キャリパー掃除して

ディスクローター新しいのにして

フルードのエア抜きして

終わったはずなのに…

はい こんな感じです

カタカタ鳴りおるんですわ…

最初に組んだ時にアレ?って思ってたんだけど

当たりがでるまでの引きずりかな?って事で見なかったことにしてたんだけど

手でタイヤを回しても分かる

なにか抵抗がかかっている…



ってことで

作業をちょっと戻ります

もう一度キャリパー外して

掃除まではしなくていいでしょう…

ピストンのモミだしをやり直しと

ピストン周りのグリスアップ追加

ピストンの戻りチェック

それでも結果は同じ…カタカタ鳴りおんのや!!!

そもそも問題のカタカタ音はなに?

どうやらパッドがカタカタ音に合わせて動いてる

これ

こないだ買ったヤツ

なんだかんだで異音の原因は元々ついてたパッドの形がどうとか言うてましたわなぁ…

うん記事でも書いてた



AF61トゥデイの走行中のフロント周りからの異音!?原因はわかるのか!!!?

あんさん ↓記事の中でこんな画像まで加工して貼っつけてましたわなぁ…

やれパッドの形がどうだの

やれピストンが斜めに押してる原因だの

問題はこれなんちゃいまんのかぁ!!!?

ってことでパッドを戻しました…

いや

だって

そんなん

知らんがな

ブツブツ言いながら作業をして

元のパッドを綺麗にしてつきました

タイヤ回してチェックです

はい

カタカタ音がなくなりました

引っかかったような抵抗もなく

シュルシュル聞こえるのは当たりが出れば消えるでしょう♪

一件落着なのだ!!!

いや!まだや!!!

もう一つ問題が…

さっきピストンのモミモミしたでしょ?

そん時に起こるねん…

ここ

リザーブタンク?

フタ開けると

フルードが汚れてる…



ピストンを押し戻すとフルードが黒い藻みたいになって戻ってくる…

よごれ?たぶんブレーキホース内の汚れかと…

何度やっても同じ

ホース交換が一番の対策

ひょっとしたらマスターシリンダーかも…

いやバラすのがちょっと怖いので

フルードをガンガン入れ替えてゆく

今んとここれしか出来ない…

そうそう

前回 使えんかった、このホース

使えます◎

ちょっと先っちょをグリグリして広げたら付きました♪

これでエア抜きでエアがでてる状態も見て確認しやすくなりました!

いままで使ってたホースご苦労様でした

ということで

フルードの入れ替えが済んだら、いちおう作業は完了ということです



けっきょく本来の原因はなんだったの?

完了ではあるけれど

パッドをどうするか

新しいディスクローターと使い込まれたパッドの相性はどうなるのか?

それと

ブレーキホース内の汚れ対策

問題がアホほどある

というか増えてゆく

んで元々のフロント周りの異音の原因は

たぶん ↑これやと思う…

メンテナンス不足だ!!!